体験希望者が増えて続けている東京都日野市のボーイスカウト日野2団公式サイト。日野、多摩、八王子から隊員が集まっています。
2018-06-17

2018年6月17日 カブ隊の救急法

今日は、日頃の生活、緊急時に必要不可欠な救急法を習いました。

日野2団カブ隊の活動写真その1

1.カブコールからスタート

日野2団カブ隊の活動写真その2

2.

日野2団カブ隊の活動写真その3

3.

日野2団カブ隊の活動写真その4

4.今回も、山の神からの指示がスカウトに

日野2団カブ隊の活動写真その5

5.山の神がけがをしたので、助けに来て欲しいらしい

日野2団カブ隊の活動写真その6

6.隊長の要請で看護師さん登場!

日野2団カブ隊の活動写真その7

7.まじめに聞いてます

日野2団カブ隊の活動写真その8

8.なぜ、いつも清潔にしていなければいけないか?

日野2団カブ隊の活動写真その9

9.クイズ形式で、健康のことを学んでいます

日野2団カブ隊の活動写真その10

10.

日野2団カブ隊の活動写真その11

11.腕の骨を折っちゃったときにどうする?!

日野2団カブ隊の活動写真その12

12.森や草むらに潜む危険生物(マダニ、スズメバチ、ヒル)についても学びました。

日野2団カブ隊の活動写真その13

13.寝てません!、脈拍で1分を測ってるんです

日野2団の活動ブログの公開に関してのお願い

日野2団ホームページでは、隊員の親御様、ご祖母様の方々にお子様、お孫様の隊での活動を楽しく見てもらうために、また、これからお子様をボーイスカウトに入れてみたいと検討中の方々に少しでも有益な活動状況が伝わるように、活動に同伴している保護者の皆さまが自ら写真を撮り、ブログのコメントを考え、書いてくれています。

また、現在入隊している隊員たちが、5年後、10年後、そして大人になっても「ボーイスカウトで良い経験をした。良い仲間と出会った」と貴重な経験を思い出してもらえるように、あえて顔写真とコメントを公開して掲載しています。

そこで、ブログのコメントについては、ボーイスカウトに定められた専門用語などが違っていることは多々あるかと思います。ですが、そこは子どもを思う保護者の皆さまの温かいご協力のもとにホームページが運営されており、コメント表記はあくまでスカウトの保護者目線の表記です。表記、表現が間違っているかもしれませんが、あくまでも感想ですので、専門用語が多少間違っている、表記、表現が間違っているなどは大目に見て頂くと幸いです。

全国のボーイスカウトが隊員数を減らしている中、日野2団は地域の皆さま、保護者の皆さまの心からの温かいサポートで体験希望者も増えております。

今後とも全国のボーイスカウト、そして日野2団が繁栄していくことを心から願っております。

関連記事
体験申し込み(石塚隊長)