体験希望者が増えて続けている東京都日野市のボーイスカウト日野2団公式サイト。日野、多摩、八王子から隊員が集まっています。
2015-10-04

2015年10月4日 ビーバー隊のレッドウイング(芋ほりと赤い羽根募金活動)

1.今日はボーイ隊、カブ隊、ビーバー隊と朝の合同セレモニー。

2.国旗掲揚。日差しが眩しい。ただいま午前9時30分。

3.ボーイ隊、カブ隊の美人指導者さんたち。団自慢の指導者さんたちです。

4.榎本団委員長。いつもキリッとしてます。

5.一級ボーイスカウトの称号授与です。これからもがんばれ~

6.10月1日からボーイ隊の隊長になった熊田さん。カッコいい!!

7.10月1日からのボーイ隊の隊長(左から2番目)、
ボーイ隊副長(右から1番目と2番目)団委員さん(左)です。


ボーイ隊の元隊長(現ボーイ隊副長)の田中さん、「結婚おめでとう!!」

8.今日のカブ隊とビーバー隊は芋ほりです。

9.ビーバー隊は初めての体験なのでちょっと困惑気味???

10.では、開始!!

1番目 11番目 21番目 31番目 41番目 51番目

11.見つけたかな?


みんな楽しそうです。

12.おっ、抜けそう!!

13.なかなかの大きさです!!

14.でっかいのが採れました!!

15.おー、デカすぎ!!

16.夢中になって掘ってます。


浜崎カブ隊長の実演中!!

17.これはデカい!!

18.まず1杯目。

19.二人ともがんばって掘ってます。

20.またまた採れました。凄い!!

1番目 11番目 21番目 31番目 41番目 51番目

21.スコップを器用に使って、じょうずじょうず。

22.感触はどう?

23.イモを傷つけないように丁寧に掘ってます。

24.「小さい子がみんなで採りました。」ママさん、素晴らしい。

25.そろそろ終了だよ。

26.こーんなに採れました。

27.こちらはボーイ隊の保護者会。新リーダーがテキパキと説明してます。

28.こちらでは会計さんたちが集金してます。いつもお疲れ様です。

29.今日、新規入団してくださった2名の親御様です。

30.日野2団の紹介用の冊子。

1番目 11番目 21番目 31番目 41番目 51番目

31.さぁ、芋ほりも終わり、これから赤い羽根募金の活動です。

32.この箱をもって募金活動します。

33.京王線の多摩動物公園駅まで歩いていきます。

34.「ピース」の前にシャッターを切ったため、指が下に垂れてしまいました。

35.道端に咲いていました。

36.多摩動物公園駅に到着。今から募金活動です。
2グループに分かれて活動です。
ビーバー隊は初体験だから何をして良いやら?


でも、カブ隊が先頭になって
「せーの、赤い羽根募金にご協力お願いします。」

37.こちらのグループも頑張ってます。


カブ隊のみんな、凄い!!

38.開始5分ほどで募金を頂きました。
「ありがとうございます!!」

39.募金してくれる人が多くなってきたら、隊員がどんどん前にでてきました。
37番目の写真と比べてください。
さっきまで橋の端っこで立ってたのに。


ビーバー隊も大きな声を出してます!!

40.女子隊員も頑張ってます。

1番目 11番目 21番目 31番目 41番目 51番目

41.Nちゃんも募金箱をもって。かわいい。

42.さすがカブ隊。絵になってます。続きは動画で。

43.「募金、ありがとうございます!!」

44.いろいろな方が募金して下さってます。

45.こちらのグループもどんどん前に出てきてます。
最初は36番目の位置で立ってたんですよ。

46.凄い勢いで募金が集まってます。

47.「パパさん、ありがとうございます!!」
でも、時間が来たのでここで終了です。

48.お疲れ様のアイスです。

49.暑い中、頑張ったもんね。

50.アイスを食べて涼しくなってね。

1番目 11番目 21番目 31番目 41番目 51番目

51.日陰でゆっくり休憩。

52.人気の石塚ビーバー隊長とたわむれてます!!

53.みんな、なんだかやり遂げた顔でたくましく見えました。

54.浜崎カブ隊長、石塚ビーバー隊長、お疲れ様。

55.さぁ、これからカブ隊とビーバー隊に分かれて解散です。


「ビーバー、ビーバー、ビーバー!!」
みんな、厳しい日差しの中、お疲れさまでした。
追伸:募金は11,513円集まりました。募金して頂いた皆様、ありがとうございました。
心より感謝いたします。

日野2団の活動ブログの公開に関してのお願い

日野2団ホームページでは、隊員の親御様、ご祖母様の方々にお子様、お孫様の隊での活動を楽しく見てもらうために、また、これからお子様をボーイスカウトに入れてみたいと検討中の方々に少しでも有益な活動状況が伝わるように、活動に同伴している保護者の皆さまが自ら写真を撮り、ブログのコメントを考え、書いてくれています。

また、現在入隊している隊員たちが、5年後、10年後、そして大人になっても「ボーイスカウトで良い経験をした。良い仲間と出会った」と貴重な経験を思い出してもらえるように、あえて顔写真とコメントを公開して掲載しています。

そこで、ブログのコメントについては、ボーイスカウトに定められた専門用語などが違っていることは多々あるかと思います。ですが、そこは子どもを思う保護者の皆さまの温かいご協力のもとにホームページが運営されており、コメント表記はあくまでスカウトの保護者目線の表記です。表記、表現が間違っているかもしれませんが、あくまでも感想ですので、専門用語が多少間違っている、表記、表現が間違っているなどは大目に見て頂くと幸いです。

全国のボーイスカウトが隊員数を減らしている中、日野2団は地域の皆さま、保護者の皆さまの心からの温かいサポートで体験希望者も増えております。

今後とも全国のボーイスカウト、そして日野2団が繁栄していくことを心から願っております。

関連記事
体験申し込み(石塚隊長)