体験希望者が増えて続けている東京都日野市のボーイスカウト日野2団公式サイト。日野、多摩、八王子から隊員が集まっています。
2014-09-14

2014年9月14日 ビーバー隊、カブ隊の缶トリー大作戦

今日も隊員、見学・体験者の方々が沢山集まってくれました!!

体験者の子が多いので、テープに名前を書いて胸につけています。

開始のご挨拶。
石塚隊長が「がんばって3キロやせたんだけど…」なんて言ってます!!
下の動画では、残念ながらその部分は映っていませんが、石塚隊長のかっこいい姿が印象的です。

今日の奉仕活動の説明です。全国一斉にゴミ拾いをしてゴミの量で全国の仲間と競争するんです。

説明が終わり、今度は輪になって手をつないで・・・

こちらは今日の活動を合同でする辻隊長率いるカブ隊です。

ビーバー隊、カブ隊が合同で奉仕活動を始めます。
3つのグループ分けです。

みんなでスタート地点まで。

ここで3コースに分かれてゴミを拾いに行きます。

こちらは中央大学コースです。

まずカブ隊が見本を見せるために、先頭になって拾います。

みんな一斉に拾い始めました。

拾ったゴミは燃えるゴミと燃えないゴミに分けてね。

「傘だ!!」

ゴミを拾いながら坂道を下っていきます。

バス停に来ました。人が集まるところなので結構落ちています。

おっ!!なにか落ちている。
(なぜかデスクトップパソコンのハードディスク2つがありました。)

今度は、反対側の歩道からスタート地点に戻って坂道を登ります。

おや、こんなところにきのこが。毒きのこ???

結構ゴミは落ちているものです。

「ほら、たくさん拾ったよ!!」

「はい、これ」

「これもね!!」

今日の見学者さんたち!!ご夫婦で参加してくれました。
笑顔が素敵です!!
撮影のご協力ありがとうございました。

どんどんゴミが拾われていきます。

カブ隊のお兄さんでもさすがに重たそうです。

ビーバー隊はゴミを見つけて拾うのが上手です。

こんなに沢山!!

スタート地点に戻ってきました。

道の端に栗の木。

おいしそう!!でも落ちているものだから食べられません。

既に戻ってきているグループと合わせたゴミです。すごい量!!

↓↓↓こちらは多摩動物公園コースのグループです。

ゴミ拾いのあとは手を洗って!!

見学者のパパさんと息子さんも手を洗って。

副長からスポーツドリンクです!!
5本あったのにすぐになくなりました。

スポーツドリンクを飲んだら、みんな並んで!!

カブ隊はお兄さんということでビーバー隊を先に並ばせています。

そう、なぜならアイスを渡しているからです。
カブ隊のお兄さんたち偉い!!

疲れた???

おいしそう。

みんなで並んで食べてます!!でも隊員が2人と体験者が5人なんですけどね。

こちらは、毎回写真に家族で登場してもらってます。

笑顔ばっちり!!すごくかわいい。

地区リーダーと隊長、副長です。
今日も大変お疲れさま!!

さぁ、今からゲームをするから集まって!!

じゃ、一列にならんで!!

ゲームの途中、辻カブ隊長が赤ちゃんを抱っこしたら・・・
このあと大変なことに!!
知らないおじちゃんに抱っこされて、赤ちゃん大泣き!!そんな。辻隊長、親近感抜群!!

ひと騒動のあとは、ゲーム再開です

ゲームで間違ってしまった子たち。
次はがんばれ!!

「ドキンちゃん!!」「食パンマン!!」「食じい」

こちらでは本日のビーバー隊見学・体験者さんたちへの団長からの説明会です。

こちらでは、カブ隊の見学・体験者さんへの説明です。

ゲームも終わり、今日の活動はこれで終了。
みんなお疲れさま。

ノートに活動シール貼ってね!!

カブ隊のお兄さん、頼もしいです。

活動シールがたくさん貼ってあるね。
今までの活動の証だね!!

おっ、前回から参加したんだね。
これからもがんばってね。

僕も貼ったよ!!

おや、こちらはお散歩。かわいい。

最後にみんなにアンケートです。
「1年間で一番楽しかった活動はなんだった?」

日野2団の活動ブログの公開に関してのお願い

日野2団ホームページでは、隊員の親御様、ご祖母様の方々にお子様、お孫様の隊での活動を楽しく見てもらうために、また、これからお子様をボーイスカウトに入れてみたいと検討中の方々に少しでも有益な活動状況が伝わるように、活動に同伴している保護者の皆さまが自ら写真を撮り、ブログのコメントを考え、書いてくれています。

また、現在入隊している隊員たちが、5年後、10年後、そして大人になっても「ボーイスカウトで良い経験をした。良い仲間と出会った」と貴重な経験を思い出してもらえるように、あえて顔写真とコメントを公開して掲載しています。

そこで、ブログのコメントについては、ボーイスカウトに定められた専門用語などが違っていることは多々あるかと思います。ですが、そこは子どもを思う保護者の皆さまの温かいご協力のもとにホームページが運営されており、コメント表記はあくまでスカウトの保護者目線の表記です。表記、表現が間違っているかもしれませんが、あくまでも感想ですので、専門用語が多少間違っている、表記、表現が間違っているなどは大目に見て頂くと幸いです。

全国のボーイスカウトが隊員数を減らしている中、日野2団は地域の皆さま、保護者の皆さまの心からの温かいサポートで体験希望者も増えております。

今後とも全国のボーイスカウト、そして日野2団が繁栄していくことを心から願っております。

関連記事
体験申し込み(石塚隊長)