体験希望者が増えて続けている東京都日野市のボーイスカウト日野2団公式サイト。日野、多摩、八王子から隊員が集まっています。
2014-07-06

2014年7月6日 逃げる素麺(流し素麺で昼食!!)

前日の土曜日、雨の中で準備をしてくれました。お疲れ様でした。

2014年(平成26年)7月6日(日曜日)、今日の活動は流し素麺です。

朝から準備が忙しいです。竹筒を作ってます。

隊員と保護者さんたちの人数分を作るため、結構な数が必要です。

まずは4本できあがり。

準備ができるまで、石塚隊長は隊員たちと「だるまさんがころんだ!!」で活動中!!

「だーるまさんがころんだ!!」

「キャー、おー、あー」叫び声がすごい!!

「だーるまさんがころんだ!!」

「動いた!!」「とまってる!!」

「そこ、動いた!!」

「セーフ!!」

「と、とまってる・・・」

「うぉーーーー、セーフ」

「タッチ!!」

「こんどはぼく言うから。」

「だーーーるまさんがこーーーろんだ!!」

石塚隊長:「うごくな、うごくな!!」

隊員のみんなを見守るように、アジサイが咲いてました。

上から見てみると・・・

走り回っているのが良くわかります!!

再び、準備をしている副長はじめ保護者さんたちのところへ行ってみました。

一生懸命作業しています。

みなさん、お疲れさま。

そろそろ手が痛くなってませんか?あまり無理をしないようにしてください。

がんばれ~、あともう少し。

みなさんの努力の賜物です。

こちらは、竹の箸づくり。

トゲトゲを削っています。

今、茹でている素麺と夏には欠かせないスイカです。

茹であがりました。準備完了!!

と、その前に「飛んでいるチョウを捕まえたよ。」

さぁ、準備が完了したよ。石塚隊長が「竹筒」について説明しています。
ちなみにどんな説明かというと「竹筒の中は無菌状態」だそうです。

石塚隊長より、流し素麺の説明中!!

竹で作った箸と竹筒の配布開始。早く食べたい!!

さぁ、素麺を流します。

上流はこんな感じ。

今年はダスキン製浄水器がついています。子供に安心。

下流の受け取り場所です。完璧!!

水が流れてきました!!

と、その前に「さくらんぼ洗わせて・・・」と副長!!

つゆを竹筒に。いい色です。

素麺、早くこないかな・・・

「おーーーー、流れてきました!!」

みんな無我夢中!!

うまくすくえるかな???

みんな、器用だね。

涼しげに流れてます!!

こんな風にみんなで食べると、素麺がいっそうおいしくなるね。

いっぱいとれた!!

副長がパインとミカンをもってきました。

どんどん素麺が流されています。

みんな喜んでくれて、副長とパパさんもほくほく。

でも、こんな感じ・・・

さくらんぼとパインが入って風情があっていいね。

パパと一緒に食べてます。かわいい。

おいしそうに食べてる!!

スイカが登場!!

ガブ!!「甘くておいしい!!」

どんどんなくなっていきます!!

子どもたちが食べ終わったので、次は副長と保護者の皆さんです。

副長からスイカ再び!!でもすぐになくなりそう・・・

こちらは前回に続き、榎本団委員長が見学・体験者への説明会をしています。
人数は前回と同じ4名です。(見学・体験者大募集中!!)
今日はビーバー隊3名、カブ隊1名です。毎回、どんどん増えてます!!

食べ終わったあとは、下に落ちた素麺の片づけ、掃除です。

いっぱい落ちてる!!

最後はみんなで集まって、石塚隊長から
「今からある体験をしてもらいます。耳を澄まして何の音が聞こえるか聞いてみて?」

「自然の音とか森からの音が聞こえた?」、「聞こえた、聞こえた!!」、「ぼくも」

今日は、○○君の入隊式です。みんなの仲間になります。よろしくね。

輪になって、「今日の活動もうおしまい・・・ビーバー、ビーバー、ビーバー!!」

明日は7月7日の七夕です。「活動シールは笹から取ってください」と粋な計らい!!

隊員のみんな今日もお疲れ。隊長、副長、団員さん、保護者のみなさんもお疲れ様でした。

ここからは動画です。音が出ますので注意してください。

日野2団の活動ブログの公開に関してのお願い

日野2団ホームページでは、隊員の親御様、ご祖母様の方々にお子様、お孫様の隊での活動を楽しく見てもらうために、また、これからお子様をボーイスカウトに入れてみたいと検討中の方々に少しでも有益な活動状況が伝わるように、活動に同伴している保護者の皆さまが自ら写真を撮り、ブログのコメントを考え、書いてくれています。

また、現在入隊している隊員たちが、5年後、10年後、そして大人になっても「ボーイスカウトで良い経験をした。良い仲間と出会った」と貴重な経験を思い出してもらえるように、あえて顔写真とコメントを公開して掲載しています。

そこで、ブログのコメントについては、ボーイスカウトに定められた専門用語などが違っていることは多々あるかと思います。ですが、そこは子どもを思う保護者の皆さまの温かいご協力のもとにホームページが運営されており、コメント表記はあくまでスカウトの保護者目線の表記です。表記、表現が間違っているかもしれませんが、あくまでも感想ですので、専門用語が多少間違っている、表記、表現が間違っているなどは大目に見て頂くと幸いです。

全国のボーイスカウトが隊員数を減らしている中、日野2団は地域の皆さま、保護者の皆さまの心からの温かいサポートで体験希望者も増えております。

今後とも全国のボーイスカウト、そして日野2団が繁栄していくことを心から願っております。

関連記事
体験申し込み(石塚隊長)